Q&A

Q&A よくあるご質問

売却の流れ
について

相続不動産
について

不動産の売却を考えていますが、
最初に何をすればよいのでしょうか?

その不動産がいくら位の金額で売れそうか、売却予想価格を調べるために、まずは不動産の査定を行うことをおすすめします。弊社ではメールにて査定のお申し込みをしていただけます。お気軽にお問い合わせください。

不動産の査定とは、
どういうことをするのですか?

査定には大きく分けて「簡易査定」と「現地査定」があります。簡易査定は不動産の現地確認は行なわず、法規制や市場の動向などを考慮しておおよその査定価格を算出します。現地査定は、実際にお住まいなどの状態やリフォームの必要性等を確認してから査定価格を出します。日当りや風通し、騒音なども実際に確認するため、より精度の高い査定価格になります。
→詳しくはマンション査定基準へ

査定をお願いした場合、
必ず売却しないといけないのでしょうか?

査定はあくまで査定であり、必ず売らないといけないことはございませんのでご安心ください。ご参考にしていただくだけでも大丈夫です。

ご近所さんに知られることなく
こっそり売ることはできるのでしょうか?

もちろん可能です。中古マンション買取ネットが直接購入いたしますので、近隣へのチラシ広告などを行なわずに売却していただけます。

売却した代金は、
いつ支払ってもらえるのでしょうか?

ご売却代金は契約時と引渡し時の2回に分けて支払われることが一般的ですが、弊社では即日でのお支払いも可能です。

売却した場合、
確定申告は必要ですか?

売却した年の翌年に確定申告をする必要があります。通常、年末調整で納税しているサラリーマンの方も確定申告が必要となりますので注意が必要です。弊社のスタッフは不動産に関する専門知識はもとより、税務、法律まで幅広い専門家のサポートがございますので、あらゆる場面でお客様に充分な対応が出来るようにしております。

売却の際にはどんな費用が必要ですか?
また、税金もかかりますか?

売却費用として「仲介手数料」や「抵当権抹消費用」「契約印紙代」等がかかります。また、売却によって利益が出ると「譲渡所得税」「住民税」がかかります(特別控除が受けられる場合もあり)。
→マンション売却にかかる費用はこちら

マンションを売却して新しいマンションに
住み替えする場合はどうなりますか?

売却と購入のタイミングを揃えるのは安易ではありません。特に、新築分譲マンションへ引っ越す場合は入居までに時間がかかるため、すぐに売却してしまうと仮住まいをする必要があります。逆に、入居直前に売却しようとすると、予想より販売価格を下げる必要が出たり、売却できずに購入代金が支払えないということも考えられます。中古マンション買取ネットでは弊社が物件を買い取るため、そのような心配はございません。

住宅ローンの返済が滞っています。
競売にかかりそうだけど、どうすればいい?

収入面の変化で住宅ローンに返済が難しくなった際、返済のために新たな借入れをすると雪だるま式に借入が増えてしまいます。本当に厳しい場合は所有する住宅を売却したお金で債務を一括返済する「任意売却」という方法もあります。このようなケースは時間が勝負になるため、お悩みの方はすぐにご相談ください。債務が売却額よりも多い場合でも、弊社が金融機関等と交渉して支払額を軽減するなどお手伝いをします。

やっぱり大手不動産会社で
依頼する方がいいの?

売却を相談する場合は大手不動産会社に任せる方も多いと思いますが、弊社では大手不動産会社にはできないことも行っています。例えば、マンション限定での販売展開です。マンションに関しては販売スピードが早いという特長があります。次に即金買取制度です。弊社が直接買取するため、すぐに現金化が可能です。

中古マンションの売り方って種類があるの?
買い取り制度と媒介契約の違い

売り方には「買い取り制度」と「媒介契約」の通常2種類があります。「買い取り制度」とは不動産会社が中古マンションを直接買い取り、「すぐに現金化できる」「近所に知られずに売却できる」「仲介手数料が不要」「瑕疵担保責任が免責される」というメリットがあります。もう一つの「媒介契約」では不動産会社と媒介契約を結び、家を買いたい人との仲介を行ってもらいます。買い取り制度よりも高く売却できるケースが多いのが特徴です。この場合、仲介会社に手数料(売却金額の3%+6万円)が発生します。

相続した不動産の売却について
相談したいです

お気軽にお問い合わせください。難しい事柄は弊社の顧問弁護士や司法書士とも協議し、わかりやすくお答え致します。

相続した不動産を売却する流れなど、
まずは何を行えばいいでしょうか?

相続人が1人であったり、既に相続登記が完了している場合はいつでも売却活動に移ることができます。しかし、複数の相続人がいる場合は配分などを話し合う「遺産分割協議」を行い、全員の売却意志決定のあと代表相続人1人または共有名義で所有権移転登記を行います。その後、弊社が販売活動や買い取りを行い成約となれば買主さまに所有権移転登記および代金授受で売却完了です。その間にもいろいろな手続きやご用意していただくものがありますが、弊社のスタッフや専属司法書士が全てサポート致しますのでご安心ください。

認知症の母に代わって
未相続の不動産売却は可能ですか?

お母さまに判断能力や意志確認ができる状態であれば可能ですが、不動産を売却する場合は所有者本人の売却意思確認が必要です。売却するためには、裁判所に本人に代わり契約する成年後見人の申し立てをする必要があります。ご本人の財産はご本人のためにしか使うことができないため、不動産の売却も裁判所の許可が必要です。このような手続きも全面サポートさせていただきます。

遠方に住んでいるため滋賀に行くことなく相続不動産の
相続登記や売却手続きを代行してもらいたいです

もちろん代行可能です。全ての手続きを代行サポートさせていただきますが、最低一度は本人確認のため面接をさせていただきます。その場合は別途出張費が発生しますが、弊社スタッフがお客さまのお住まい地域までお伺い致します。

誰も住まなくなった相続不動産、他の相続人と分割して
自分の持ち分だけ売却することは可能ですか?

手続きは可能ですが、現実にはその持ち分だけを買われる方はほとんどいないと思われます。相続人同士で話し合い、全員の売却意志のもとでの売却をおすすめします。

相続した不動産の建物が古いのですが、
売却可能でしょうか?

売却可能です。相続不動産には建物が古く再生不可能な物件も多々あります。弊社スタッフが現地を確認し売物件として売り出すのか、売土地(建物を解体し更地化)として売り出すのか、少しでも高額で売却できる提案を致します。

不動産を売却した際に
税金の話も聞きたいです

もちろんご自由にご質問ください。相続不動産の売却に関する税金はさまざまな特例などもあり、その条件に当てはまるかなどケースによって異なります。